税のスペシャリスト

税理士の仕事A

税理士の仕事まだまだあります。

M&A

M&Aとは、経営権や事業を売買することで、Mergers and Aquisitions(企業の合併・買収)の略称です。

M&Aを成功に導くために、調査分析、戦略立案、交渉、実行、M&A後の統合などの全プロセスにおいて、様々なサポートを行います

相続対策

相続対策とは、主な3つの対策(争族対策、納税資金対策、節税対策)を事前に行うことです。

相続には、事前の対策が非常に重要になってきます。準備次第では、相続税が5割以上、場合によっては8割以上も安くできます。計画的に準備をしていれば、効果的な節税をすることはできます。

1:争族対策(相続人の間で争わないようにすること)
2:納税資金対策(相続税を納めるお金を確保すること)
3:節税対策(税金を安くすること)

これらの対策を事前に行うことで、円滑な相続を行うことができます。

FP業務

FPとは、ファイナンシャル・プランナーまたは、ファイナンシャルプランニングの略称で、資産の形成、運用から管理保全までを総合的な分析のもと、設計・アドバイスするものです。

金融、保険、年金、税金、不動産、相続などあらゆる知識を駆使し、総合的なアドバイスをしていきます。

国際税務

企業が国際間での取引(国際取引)を行い利益を得たとき、その発生した利益に対して、国内外のどちらで課税されるのか、あるいは両方で課税されてしまうのか、課税された場合にはどうすればいいのかなど、様々な問題が発生してきます。

この取り決めをしているのが、「国際税務」なのです。

英文会計

英文会計とは、アメリカの会計方式のことです。日本企業が海外に進出したり、海外から企業の参入などが活発になり、企業の国際化が進み、会計のグローバル化も国際会計基準という形で広がってきています。

そのため国際会計基準に基づく会計処理が必要となってきています。

その他の業務

税理士は、業務に付随する範囲において、社会保険労務士業務の一部をなすことができます。(社会保険労務士法27条・同施行令2条)また、税理士となる資格を有する者は、行政書士登録を受ければ行政書士となることができます。(行政書士法2条)

平成13年(2001年)の税理士法改正により、税理士事務所の法人化(税理士法人)が認められ税理士は、開業税理士、社員税理士、補助税理士のいずれかの区分に分類されることになりました。

平成18年(2006年)5月1日、会社法施行に伴い、公認会計士・税理士は会計参与という株式会社の機関の一類型として、会社に参加しうることになりました。

recommend

東京のタクシードライバー求人を探す

最終更新日:2019/1/24